お兄ちゃんに大事な物を捧げました!スマホだから誰にも内緒でエッチな漫画を無料試し読み!
お兄ちゃんに大事な物を捧げました
↓↓今すぐタップで無料ためし読み↓↓


作者
浅月のりと
ストーリー
朝起きると・・・自分の横には謎の少女が眠ってた。
指に吸い付くオッ○イをもてあそび・・・
柔らかなア○コをいじっていると
徐々に彼女は喘ぎ始めていく。
なんだこのリアルな感触は???
自制のきかない自分!もうどうすることもでいない!
ふと目を覚ました彼女を半ば強引に押し倒し
激しく時にやさしく愛撫すると・・・
すぐにびしょ濡れに。
敏感な場所をさらに攻めると・・・
可愛い声で激しく喘いでしまう。
トロトロになったカラダを堪能していると
今度は彼女が俺のことを「お兄ちゃん」と呼んでくる…。
自分は妹なんて居ないのに。
「私の大事なモノ捧げたことも…覚えてないの?」
大事なモノって、まさか―!?

お兄ちゃんに大事な物を捧げました
↓↓今すぐタップで無料ためし読み↓↓

 

エロ漫画無料ためし読み!スマホでこっそり読めるエッチ作品!メニュー